五月人形はいつごろ買えば良いでしょうか?

五月人形は雛まつりの後ぐらいの時期に購入するのがおすすめです。しかしものの性質的に、簡単に購入するというわけにもいかないものです。ここでは購入時期と購入までのスケジュールについて説明します。

五月人形はいつ買えばよいのか

3月3日の雛まつりが終わると、多くの人形店の店舗には五月人形が並びます。種類が豊富なこの時期に購入するのがおすすめです。
というのも、五月人形は工芸品であり、大量生産のできるものではないので、人気のあるものはすぐに売り切れてしまうからです。
五月人形は相応の値段のするものですし、母型の実家が贈るのが一般的だったけどそれが変わりつつあるという時代でもあるので、いくらぐらいのものを誰が買うのかというのを取りまとめるのは簡単にはいかないと思います。しかしそうやって時間をかけていると良いものは売れてなくなってしまいますし、スーパーの商品のように後から同じものの在庫が補充されるというわけにもいかないです。遅くとも4月初旬までには購入することをお勧めします。

初節句の五月人形はいつ買えばよいのか

赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句は初節句とよばれ、特別なお祝いの日になります。初節句には五月人形を飾る、鯉のぼりを飾る、食事会をするといったお祝いの方法があります。
五月人形は初節句の2ヶ月ほど前の3月頃から準備するのが良いでしょう。家紋や名前を入れると1ヶ月ほどかかる場合がありますので、早めに注文するほうが良いです。5月5日の節句の前夜に慌てて飾るのは一夜飾りと言ってよくないものとされますので避けたほうがよく、4月上旬か、遅くとも下旬には飾るのが良いとされています。
では4月生まれの男の子の初節句はいつになるかというと、新生児は体調も定まりませんし、生後すぐに行事をするのは無理があります。この場合は翌年を初節句としても問題ないでしょう。

五月人形購入までのスケジュール

五月人形はさまざまな価格のものがあり、種類も豊富です。誰がお金を出すかも複雑になってきていますし、各種の調整や意見のすり合わせが必要です。そのためには、いつどのようなことを決めなければいけないのかということの流れを見ておきましょう。

誰が費用を負担するかを決める

五月人形はかつては母方の実家が費用を負担するものでした。これは、女性が男性の家に嫁いで男性の実家に一緒に住むのが当たり前だった時代に、節句にかこつけて娘と孫の顔を見に行くという気持ちがあったものと思われます。しかし今ではこういう形の嫁ぎ方というのは少なくなっているでしょうし、母方が全てを負担するというのはやや時流に合わなくなっています。その現実を反映して、初節句の費用は両家で負担したり、実家ではなく夫婦が自分たちで負担するということもよくあります。まずはここを調整しましょう。

予算を決める

五月人形の値段は、数千円と言ったものから百万円を超えるものまでさまざまですし、種類もサイズもさまざまなものがあります。また、元々が武家の慣習ですので、ご先祖が武家だったり、旧家でこういったしきたりを近年まで厳格に守ってきたというご家庭と、あまりそういったことを重視しておられないご家庭とでは、この行事にかける重みが違ってきます。また伝統重視派であれそうでないのであれ、両家がともに同じような価値観で、しかも同じような経済状況ならばあまり問題はないのですが、これが食い違っていると中々めんどうなトラブルになります。せっかくの待望の赤ちゃんのご誕生をお祝いするイベントが、両実家のいがみ合いの原因になってしまうのではあまりにも悲しいですよね。このいがみ合いはつまるところこの予算の問題として出てきますので、先に予算額を決めてしまいましょう。それが5万円でも10万円でも5000円でも良いのです。先に予算を決めてしまって、後はその中で何をするかと考えるほうが、話が悪い方向に流れなくてすみます。

飾る場所と収納スペースを決める

予算が決まったら早速五月人形を選びたいところですが、その前にすることがあります。飾る場所と収納スペースの確保と採寸です。
五月人形の大きさはさまざまですが、一般によくイメージする鎧飾り(兜、鎧、弓矢、太刀がセットになったもの)だとかなりの大きさになります。床の間のある和室があればよいのですが、ない場合それと同程度のスペースを確保するのは、どのお宅でもできるとうわけではないでしょう。また家の空きスペースのどこにおいても良いというものではなく、リビングのような家族の集まる場所が良いですし、直射日光の当たらない場所などの指定もあります。また備品の誤飲防止やケガの防止のために、ハイハイしている赤ちゃんの手の届かないような場所というのも考慮する必要があります。そうなると、おそらく家の中でも設置可能な場所は限られてくると思います。その場所の幅、高さ、奥行きを計測しておいてください。写真も撮っておくと良いでしょう。

また、収納スペースも必要です。五月人形は箱に入れて保管している機関のほうが長いものです。これも大きなものなので、隙間に詰め込むという以上のまとまった収納スペースが必要です。これも幅、高さ、奥行きを採寸しておいてください。
またこれは、購入時に質問されます。

種類を決める

五月人形には、兜、鎧、太刀、弓がセットになった鎧飾り、兜のみの兜飾り、男の子が甲冑を纏った人形姿の人形飾りがあります。またその設置の仕方によって、平飾りと、雛人形のように三段の段に並べる段飾り、ケースの中で飾られた状態になっているケース飾りの違いがあります。さらに、平飾りには、床の間に直接飾る床飾り、飾り台の上に飾る平台飾り、高さのある平台に飾る高床飾りがあります。
ここまでの違いだけを見ると何をどうして良いか分からないという気持ちになりますが、ここで今までで決めたり調べたりしたことが効いてきます。予算と設置場所で絞り込みをかけると、ほぼ現実的な選択肢が絞られてきます

例えば、両実家とも旧家でしきたり重視派、予算も潤沢で家には和室と床の間があるという場合だったら、鎧飾りや鎧飾りの段飾りなどになるでしょうし、和室や床の間こそないものの両実家も本人もこういうのが好きだという場合だったら兜飾りが良いでしょうし、ご夫婦で費用を負担しあまりお金をかけず、また家に空きスペースらしきものもないという場合は、人形飾りが良いでしょう。

また、家紋や名前を入れるなどができる五月人形もあります。五月人形そのものではなく、台座や櫃に入れることができるというものですが、人気のあるサービスです。これを利用する場合はその分の時間が余計にかかりますので、考慮しておく必要があります。

購入場所を決める

伝統的には人形屋かデパートということになります。最近はインターネットも多いですし、店舗を持つ人形屋もオンラインショップを持っている場合が多いです。しかし第一子の最初の事例では、五月人形の知識に長けた店員の常駐する店舗で購入したほうが、色々なことを相談できるので良いでしょう。五月人形は工芸品なので、色や素材や質感を目で直接見て確かめたほうが良いですし、おそらくほとんどの人は五月人形の存在は知っていても、または親戚の家などで何度か見たことはあっても、実際に購入を前提にしげしげと見たり検討したことはないと思います。ですから、実際に見て質問したほうが安心です。

また、人気ブランドの五月人形や有名な甲冑師や人形師の作品を購入したい場合は、売っている店が限られますので、どこで売っているのかを下調べしておく必要があります。